10話ネタバレ 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
<<女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。をスマホで読む>>

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした10話ネタバレ

 

ソウスケとユキとニュウと三人で暮らしはじめた
ユキは寝相が悪くソウスケに引っ付いて寝ている

 

反対側のニュウもソウスケの腕を握って眠る

 

掴まれているので起きにくくユキの手をほどこうとするとシャツをめくり上げておっぱいがおはようございますと飛び出る。
触りたいけどとなりにはニュウが寝ているしちくしようここは地獄だと思っている。

 

となりにきて触れないなんてと思っていると

 

ユキが起きて自分のおっぱいが出ているのをソウスケに脱がされたと思っているみたいですが冤罪で自分でした事が分かっていない。

 

その時にニュウも起きて朝から何いちゃついているんですかバイトの準備しないと遅刻しちゃいますよ。

 

といってソウスケとニュウはアルバイトに向かう。

 

ニュウとバイトに向かいながら話をするソウスケ

 

だが財布を忘れた事に気が付き取りに帰るソウスケ

 

ユキはもうなんで私が後片付けしないといけないのかと怒っている。

 

だが押し入れでアソコを触られておっぱいを吸われたことを考えていてムラムラして裸になって一人エッチしている。

 

あの日ソウスケに触られているのを思い出している。

 

それでアソコをクリを触ってはああ〜〜んとエッチしている。

 

だがそこにソウスケが帰って来る。

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
無料で試し読みはこちら

 

11話へ続く