13話ネタバレ 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
<<女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。をスマホで読む>>

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした13話ネタバレ

 

ニュウがアソコを開いて洗ってちょうだいというのでさすがにはずがしがるソウスケはドキドキしている。

 

だがニュウがぷっぷぷと笑って冗談よ冗談という。

 

何本気にしているのといいほら背中洗ってという。

 

ニュウの背中を流しておりふうう冗談でよかったなあもしもアソコなんて洗っていたら俺はきっとニュウを犯していただろうと考えている。

 

 

だがニュウが後ろを向いてじゃあ今度は私が洗ってあげるわといいニュウがソウスケを洗う事になる。

 

他の人に洗ってもらうと気持ちいいもんだなといいニュウに体を洗ってもらっえ満足している。

 

ニュウは良く見えないからと言ってちんぽをきゅきゅと洗っている。

 

ニュウがちんぽをごしごししごいているとどぴゅっと射精してしまうソウスケ

 

ちくしよう出してしまったぜぇ

 

脊ヵ九洗ったのによごれちゃった洗ってよねというニュウ

 

それでソウスケはじゃあちゃんと洗わないといけないねと言ってシャワーを強めにだしてニュウの乳首にシャワーをあててどうだこのシャワー攻めはといいシャワーをかける。

 

ニュウの乳首にシャワーをあてていじめているがそれだけでは満足できずにニュウのまんこにシャワーをかけるするとあ、あ、ああああ〜んと喘ぐニュウ

 

そこにユキが起きてきて声がしたので大丈夫ですかと聞いてくる。

 

だが発声練習だから気にしないでという。

 

だがソウスケはそれでもニュウのあそこに乳首に触ってしまう。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
無料で試し読みはこちら

 

14話へ続く