7話ネタバレ 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
<<女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。をスマホで読む>>

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした7話ネタバレ

 

ニュウが夜這いに来てセックスして落としていったパンツを朝に布団を方しているとユキが見つけてソウスケに問いただしている。

 

なんて言い訳すればいいんだまさか夜中にセックスしていましたと正直には言えないし。

 

問い詰められている時にピンポンとなったのでユキが音にびっくりして寄りかかった際にブラウスのボタンがとれておっぱいがでてしまう。

 

訪問者はニュウで昨日忘れ物したからと訪れているが、返事がないそれで2階からのぞいてみようとニュウは2階に上がる。

 

今の状況を見られたらいろいろとまずいと押し入れに隠れる。

 

ニュウは2階の穴から入ってパンツを探している。

 

そのころおしいれでは、おっぱいを出しているユキを隠すために押し入れにいるがユキはやましい事がないから隠れなくていいのではといいパンツのこともニュウサンに直接聞きます。

 

と押し入れから出ようとしている。

 

やばいでも今は静かにしてもらわなくてはと考えてユキにキスして口を閉じる。

 

ユキはキスされている際に乳首が擦れて変な感じにといい顔を赤くしている。

 

キスしてズボンの上からソウスケのちんぽがアソコに擦れるから感じているユキに調子に乗って乳首をつまんでユキを辱める。

 

そのころニュウは必死に自分のパンツを探している。

 

ユキを両手乳首をつまんでバランスが落ちて押し入れでドスンと音がしたが・・・

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
無料で試し読みはこちら

 

8話へ続く8話ネタバレ ユキがなくまで攻めるソウスケ 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした1-5話ネタバレ